忍者ブログ

* Pelancong *

2007年7月から1年間。社会人を一休みして、海外放浪の旅に出ていました。私の人生の財産のかけらを、ここに公開しています。

2017'12.18.Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'10.03.Wed
まずはセブ北端の島、Malapascua(マラパスクア)島に2泊3日。

マラパスクアでは、1週間ほどゆっくり過ごそうと思っていたのですが、どうにもしっくりこなくて、落ち着かなかったので、早々に切り上げてきました。
 
15e8a78d.jpeg 6eff8c71.jpeg
景色は良いのですが・・・
 ・発展してなさすぎて、やることが何もない。
 ・風が強すぎて、海辺にいると苦行をしている気持ちになる。
 ・物価が高い。ホテル3-5倍、ネット3倍、食事3倍(セブ比較)

泊まったところは、少し予算オーバーの600Pでしたが、コンクリートできれいな所でした。・・・が、トイレのふたを開けたら、ゴキブリが溺れているのを見てドン引きし、さらにそれが2回続いたので、もう駄目だと思って引き上げました。なまじ生きてるから怖いんだってば!

ほかに安宿が見つかれば移っても良かったんですが、なぜか安い宿は看板を出していないとこばかりで、探すのが大変。泊まったところも、ハバルハバルのお兄さんの紹介でした。宿探しも疲れるし、ほかに体の都合でしばし海に入れない状態になってしまったので、リゾートは先の楽しみとして、今回は終了。

fb61956e.jpeg 
6mくらいのサメが見れるというダイビングはかなり後ろ髪引かれましたが、無理するのは良くない。


一旦セブに戻って、虫除け、日焼け止め、コンディショナーなどの日用品のお買い物。そして街歩き。ダウンタウンは危ないと言われたけれど、メインロードは普通の人たちが歩いているし、諸東南アジア各国のダウンタウンとたいして変わんないと思う。

10/2 Bohol(ボホール)島のタグビララン(Tagbilaran)に移動。エアコンなしのエコノミーシートだったけど、なかなか快適。地元の人に混じって、旅行者と思われる韓国人・中国人・日本人がちらほら。

PICT0011.JPG 3d9f5267.jpeg e8f57f9c.jpeg 
ボホールの一日目は、タグビラランの市内観光。といっても、小さな町なんで、観光ポイントは何もないんですが・・・めちゃくちゃ良い町。安食堂がたくさんあって、なかなかおいしい。そして、地元の人がかなり頻繁に話しかけてくるんですが、みんな親切なの。

ホテルの場所やお店の場所を聞けば、その場所までつれてってくれるし、どのジプニーに乗ったらいいのか迷ったら一緒にジプニー探して、さらに運転手さんに行き先まで伝えてくれたりして。

ものすごく和む、理想の田舎町。

そして、ここはナニゲに電脳街。ネットカフェは1時間10-20Pの格安でいくつもあるし(日本語使えるところは少ないけれど)、電気屋さんや、電化製品のパーツ屋さんが多い。旅人には縁のないものだけど、うきうきしてみてました。

10/3 ボホール2日目は、観光地めぐり。朝7時に出発。

PICT0021.JPG b79fc77f.jpeg PICT0024.JPG 
まずは名所の Chocolate Hills (チョコレートヒルズ)です。不思議な地形で、乾季には山の色が茶色に変色するらしい。今は雨季なんで緑色。さしづめ、抹茶チョコレートってとこでしょうか。感動!とはいかないけれど、なんだか珍しいもん見たなって気分。

そして、次に向かったのがLoboc (ロボック)のランチクルーズ。観光局のお姉さんに Loay (ロアイ)というところのクルーズのほうが良いよ、と聞いていたので、最初はそっちに行ったんですが、地元の人に「そんなもんやってないよ」と言われたので、ロボックとロアイを行ったり来たり。

PICT0037.JPG PICT0026.JPG PICT0025.JPG PICT0035.JPG 
ちょっと高いランチになったけれど、ゆったりできて、なんだか贅沢な気分になれます。船の上でギターを弾くお兄さんの懐メロをバックに、おいしいご飯を食べて、ゆっくりゆっくり川を登る。途中でダンスを見せてくれたりするところもあります。オススメ!

PICT0044.JPG PICT0046.JPG
最後に、Tarsier Sanctuary (ターシャ・サンクチュアリ)というところで、小さなサル(ターシャ)を保護しているところに行ってきました。パンフレットやガイド本に必ず載るところなので、それなりに立派なものを期待してたんですが、ものすごく寂れたところでした。行く途中の道も、カンボジアへ陸路出国したときを彷彿とさせるボコボコ道。。

05b084fa.jpeg 
3匹ほど見れたんですが、めっちゃ小さい。私の手のひらの半分くらいの大きさでした。触って良い?とガイドの人に聞いたら、「噛まれるからダメ」だそうです。ちぇっ。

それぞれの場所が、かなり距離のあるところに散らばってたので、二日に分けなきゃ行けないかなーと思って、朝は出発しましたが、地元の人に色々教えてもらいながら、バス・ジプニーを使うと、一日で十分見て回れました。

楽しかったーー!
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
10月3日、台風15号フィリピン沖に発生!強風は当然だね!
サメとダイビング?とんでもない!!猿とお友達に?好奇心・探究心もホドホドに!!
治安の良くないダウンタウン?観光、寄り道厳禁。Happy birthday!
hisae: 2007.10/04(Thu) 01:14 Edit
無題
私は私なりの危険の判断基準で見て回ってるので、厳禁といわれても困るんだけど。。そんなことを言い出したら、東南アジアなんてどこにも行けないよ。ちなみに、私が今までで一番怖かった町はイタリアです。あそこにくらべたら、セブのダウンタウンのほうが安全だと思った。

あと、ダイビングでサメなんて、今までにも見てるよ。サメにもいろんな種類がいるんだってば。

誕生日日記はもうちょっとしたら書きます。マシンの調子が悪くて、今日はUPできなかった。
さと: 2007.10/06(Sat) 21:38 Edit
無題
イタリア? まったく気づかなかったけど・・・何があった? 
hisae: 2007.10/07(Sun) 00:05 Edit
お元気?
ビサヤ満喫してますなー。
素敵な写真満載!
懐かしのボホール、また私も行きたいです。
いろんな写真、楽しみにしてるね!
ErikoITO: 2007.10/07(Sun) 19:57 Edit
無題
何かあってからじゃ遅いでしょうに。。何もないように行動したから何もなかっただけ。

イトーさん、セブのAyalaで、Bambooのポスターを見かけたので、写真にとりました。今度見せれたら良いなぁ。
さと: 2007.10/08(Mon) 15:56 Edit
いやはや、どこでも生きてけそう
普通の人だと思ってたのは間違いでした。
尊敬しちゃいます。
Hiro.M: 2007.10/10(Wed) 02:51 Edit
[29] [28] [27] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18
«  BackHOME : Next »
プロフィール
HN:
さと
性別:
女性
職業:
旅人
自己紹介:
知らないところに行くの大好き、食べるの大好き。美味しいものを食べるためならどこでも海の向こうでも。

性格は慎重派と思われる事が多いですが、気合と根性で何でも解決しようとするフシがあります。ノリは体育会系。
最新記事
ブログ内検索
バーコード
カウンター
最新コメント
[05/24 ACAC]
[06/15 Eriko]
[01/23 さと]
[01/23 さと]
[01/18 うまっこ]

* Pelancong * wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]