忍者ブログ

* Pelancong *

2007年7月から1年間。社会人を一休みして、海外放浪の旅に出ていました。私の人生の財産のかけらを、ここに公開しています。

2017'12.18.Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008'05.24.Sat

2年前に、アンコールワットを見てから「次はマチュピチュだ!」といい続けていた言葉が、ついに実現しました。正直、こんな早く実現すると思ってませんでした。遠いし。


5/24 朝7時に宿を出て、ちょっと優雅な朝食をとって、8時ごろにバスにのっていざ出発。ジグザグ道をバスが登って、いよいよマチュピチュへ。
2008052405_PICT0024.jpg 2008052421_PICT0025.jpg

ゲートをくぐって少し歩くと、一面に広がる空中都市。普段自分の写真をすごく嫌がる私もこたにんさんも、きゃっきゃとはしゃいで記念撮影。考えて見れば、このたび、最初で最後のツーショットじゃないか・・・?
2008052422_PICT0031.jpg

左のほうに、上にあがっていけそうな道があったので、ひいひい言いながら登っていくと、よく写真で見られる風景が。まだ朝早かったので、人があんまりいなくて、かなり静か。その辺の段のひとつにすわって、すごく長い時間、景色を眺めていた。
2008052423_PICT0035.jpg 2008052423_PICT0040.jpg 2008052423_PICT0045.jpg 2008052423_PICT0050.jpg 2008052500_PICT0004.jpg

本当に、よく本でみる景色がそのままなんだけど、さらに鳥ののどかな鳴き声や、風が、あーー、今マチュピチュに自分がいるんだなぁ、と実感させてくれる。よく写真で見るときれいなんだけど、実際はたいしたことがない場所ってたくさんあるけれど、ここは写真で見るより、さらにスケールが大きくて、期待以上。

写真に写らない、周りの景色が、ほんとうに美しい。
591.jpg

マチュピチュは市街地の周りをすべて段々畑として活用しているんだけれど、本当に使える場所はすべて使ったことが良くわかる。段々畑の一歩外は、本物の崖。がけっぷちを更に越えて、垂直ぎりぎりになるまで、農耕地として利用してる。

私はすごく段々畑が好きなので、色んな国でいろんな段々畑を見てきたけれど、畑の面積より、垂直面のほうが広いところなんて、他で見たことない。そのため、一口に段々畑と言っても、ここの風景は他の戸比べてずいぶん石っぽくて、畑というより要塞のよう。

惜しむらくは、今、畑に植えられているのがただの芝生ということか。。。ここにとうもろこしがフサフサと生えてたら、どんなにきれいだったか、と思うと、残念でならない。


段々畑フェチの話はさておき、あんまり全景ばかり眺めていてもきりがないので、市街地のほうへ移動。最初に高いところに上りきって、後は下りばかりなので、思ったより楽に歩けた。街中は、どんな精巧な石組みをしてるんだろう、とわくわくして見に行くと、意外と雑。。さすがに神殿やらちゃんとしたたてものはきっちりと石がきられて組まれてるんだけど、途中の道なんかはバカでかい石をそのままおいて、隙間を小さな石で埋めただけのところが結構あった。なんとなく人間ぽくて良い。

神殿や宮殿は、まぁていねいに作ってありますね・・・という程度の感想。インカの神話をよく知らない&あまり興味がないので、そんなもん。

2008052500_PICT0006.jpg 2008052500_PICT0013.jpg 2008052500_PICT0015.jpg 619.jpg 2008052500_PICT0034.jpg 2008052500_PICT0035.jpg 2008052501_PICT0044.jpg 2008052502_PICT0066.jpg 2008052502_PICT0072.jpg 2008052503_PICT0082.jpg

マチュピチュを見て、インカ帝国時代は、この風景が南米の至るところに存在していたことを思うと、スペイン帝国がどれほどの力をもって、南米を占領し、すべてを壊してしまったのかが良くわかる。もしスペイン軍が当時、この文化的価値を認めることができるだけの懐の広さがあったなら・・・と思うと、今の南米の風景、とりわけ大都市部の風景が残念でならない。しかも目的が金・銀なのだから、残念さを越えてむなしい。

そんなことを考えてしまうと、南米にあるどんなすばらしい教会もカテドラルも町並みも、少しシラけてしまうので、あんまり考えないほうがいいのかも。


ひととおりマチュピチュ観光を終えて、外にある軽食屋さんで、ビールで乾杯!村に下りてから、以前募集した"マチュからのハガキ"を書いて送った。なんとなくハガキの最後に、自分の食べたいものをそれぞれ書いて見ました。無視しても何も起こらないですが、私にご馳走すると、いいことが起こるかもしれません。
2008052508_PICT0097.jpg

その前にちゃんとハガキが届くのかかなり不安ですが。届かなかったらごめんなさい。ケチったんじゃなくて、郵便局のお姉さんの言うとおり、切手を買いました。切手の値段が5s、6s、6.5s・・・・という案があって、5sの切手貼りました。。

2008052505_PICT0093.jpg 2008052507_PICT0096.jpg

夕方、こたにんさんと合流して、ディナーをしたあと、マチュ村でなぜか流行っているHappy Hour で再度乾杯!終日、お酒を何杯まで、何sで飲めますよ、というのがHappy Hourの内容なんだけど、それならHappy Daysで良いよなぁ。。。4杯15sを、5杯15sにしてもらって、私はひたすらピスコサワー、チャレンジャーこたにんさんは、色んな変な飲みものに挑戦。

2008052509_PICT0100.jpg 2008052510_PICT0101.jpg

ヘラヘラわらって、お酒を飲んで、最高の一日が終わりました。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[64] [75] [74] [63] [73] [72] [59] [71] [70] [69] [68
«  BackHOME : Next »
プロフィール
HN:
さと
性別:
女性
職業:
旅人
自己紹介:
知らないところに行くの大好き、食べるの大好き。美味しいものを食べるためならどこでも海の向こうでも。

性格は慎重派と思われる事が多いですが、気合と根性で何でも解決しようとするフシがあります。ノリは体育会系。
最新記事
ブログ内検索
バーコード
カウンター
最新コメント
[05/24 ACAC]
[06/15 Eriko]
[01/23 さと]
[01/23 さと]
[01/18 うまっこ]

* Pelancong * wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]