忍者ブログ

* Pelancong *

2007年7月から1年間。社会人を一休みして、海外放浪の旅に出ていました。私の人生の財産のかけらを、ここに公開しています。

2017'09.22.Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'08.13.Mon

先週末の夜は特に遊びに行く予定もなくて暇だったので、お部屋でテレビを見ていました。
さびしい奴だな、って言わないで!(実際、ちょっと寂しくて凹んでるから!)


んで、非常に驚いたのがチャンネルの多さ。

最初、リモコンの1~9chを順番にぽちぽちと押して、4つしかテレビ局ないのかーって思っていたんですが、たまたま同じボタンを二回押すと、新たな番組が!22chになってた。それから一通り10ch以降をザッピングしてたんですが、77chまできたところで疲れてやめました。全部で何十チャンネルもあるの。

どうやってそんなに番組作るんだよーとか思いましたが、内容はほかの国の番組を持ってきているのがほとんど。違法なのかインセンティブ払ってるのかは不明。フィリピン制作の番組って10もないんじゃないかなぁ。

日本の番組もがんがん流れてましたよ。NHKニュースとMステと、そして日本が世界に誇るアニメ(笑)

ひとまず、私が見たのは
・ドラゴンボール(ゴクウが神様のところで修行を始めるとこ)
・鋼の錬金術師(スカーの男がアルを壊すとこ)
・エアギア(イッキとアギトがタッグを組むとこ)

あと、予告では妖怪人間ベムが平日の昼間に毎日放送しているのと、ちびまる子ちゃんが日曜かにやってる様子。ほかにも日本で夕方にやってるようなマニアックなアニメもあったんだけど、覚えてないや。

せりふは全部英語の吹き替えです。一番最初に、ドラゴンボールを見て「お、意外と解るもんだー」と、ちょっとした喜びを感じていたのですが、その後のハガレン・エアギアはもう何がなんだか。日本にいるときにコミックで全部読んでいたからストーリーはわかるものの、何を言ってるんだかはさっぱりわかりませんでした。

よくよく考えてみれば、ドラゴンボールは台詞が短いし、言ってることが単純なんだよね。おっす!オラ悟空!とか伸びろ如意棒!とか。んで、ハガレンは基本的にシリアス漫画なので台詞が小難しいし、エアギアはどうでもいいようなモヤモヤした台詞が多いし。

アニメでわかる、私の英語力なのでした。ハガレンが解るようになりたいよーーー。


ちなみに、TVでは映画もたくさん放送されています。パイレーツ・オブ・カリビアン2を見たよ!あと、もう一本ジョニーデップが「Mr.レイン」として登場している、タイトルのわかんない映画。有名そうな映画が毎日、TVで見れます。

当然のことながら、台詞が早すぎて聞き取れてませんが。

こちらで私が理解できるものは、今のところこの二つ。
・ドラゴンボール
・子供向け番組(海外版ポンキッキみたいなの)
あと、多分ちびまる子ちゃんもわかるはず。。


ヒアリングの訓練だと自分に言い聞かせながら、しばらくTVっ子になろうかと思いました。

--- 8/18 追記 ---
たぶん、ケーブルテレビだからチャンネルが多いんだと判明。普通は何チャンネルなんだろ?

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プリごろ太
のだめはフランスでプリごろ太を見てフランス語を覚えていました・・・
漫画のようにはいかないか・・・

はっしー: 2007.08/15(Wed) 10:45 Edit
無題
私も同じこと(プリごろ太作戦)考えてたんですが、無理でした!
熱狂的に好きじゃないと難しいと思われ。。
さと: 2007.08/15(Wed) 13:50 Edit
[18] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7
«  BackHOME : Next »
プロフィール
HN:
さと
性別:
女性
職業:
旅人
自己紹介:
知らないところに行くの大好き、食べるの大好き。美味しいものを食べるためならどこでも海の向こうでも。

性格は慎重派と思われる事が多いですが、気合と根性で何でも解決しようとするフシがあります。ノリは体育会系。
最新記事
ブログ内検索
バーコード
カウンター
最新コメント
[05/24 ACAC]
[06/15 Eriko]
[01/23 さと]
[01/23 さと]
[01/18 うまっこ]

* Pelancong * wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]